省エネ/環境/地球にやさしい/エコロジー/ソーラーパネル/太陽光発電/遮熱舗装/山梨県/東京

齋藤建設株式会社

齋藤建設
 
HOME >> 環境・省エネ >> 電気のつくり方

How to make electricity ─ 電気のつくり方 ─

太陽電池モジュールでつくられた電気は、
そのままの形では使うことができません。
発電から、家庭の電気機器を動かすまでの流れをご説明します。

 
 
電力会社との連携でムダのないシステムを実現しています。
 
昼間に発電し使用しても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り電力を購入します。
電力会社との系統連系により、このような電力の売買を常に自動的に行います。
 
設置後もお客様とつながっています。
日頃のシステムの状況を判断し、適切に対応するサービスを導入しています。
設置して終わりではなく、稼働時からは安心をサポート。
お客様との長いお付き合いがはじまります。
 
 
パワーコンディショナの操作はリモコンを用いて行います。リモコンの設置場所は、販売店とご相談され、見やすいところに設置されることをお奨めします。また、停電時の「自立運転」専用コンセント(別売)の取り付け場所も販売店とご相談ください。
パワーコンディショナは、「連系運転」「自立運転」の2種類の運転モードがあります。停電時には、ボタンを押して「自立運転」モードへの切り替えが必要です。「自立運転」には専用コンセント(別売)の取り付けが必要です。
太陽電池モジュールの架台とパワーコンディショナは、別々のアース工事が必要です。
 
※1 カラー電力モニタはJH-S6A2/L6A3/S623/L624/L625/G624、モノクロ液晶タイプはJH-S402/S403/P401/S303Rに付属しています。
※2 カラー電力モニタは、計量法の対象製品ではありません。積算発電量、積算消費電力量、積算売電/買電電力量、発電電力、売電/買電電力、消費電力で表示される数値は目安ですので、電力量計の値や電力会社からの請求書の値と異なる場合があります。また、消費電力ならびに買電と売電の電力表示は、ご家庭の主幹ブレーカーの定格電流が120Aを越える場合は使用できません。カラー電力モニタには、センサーユニット(屋内分電盤付近に設置)を付属しています。
※3 電力量計は有効期限があり、定期的に交換が必要です。お住まいの地域によっては売電電力量計の交換費用はお客様負担となる場合があります。交換に関しては、電気工事店または電力会社にお問い合わせください。
※4

対応機種はこちら(SHARPホームページ)でご確認ください。

 
齋藤建設へのご相談・お問い合わせ
⇒こちらのお問い合わせページからお願いいたします。
HOME
会社案内
住宅建築
建築
土木
ログハウス
環境・省エネ
賃貸物件情報
地域貢献
リクルート
住宅Q&A
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サイトマップ
「齋藤建設株式会社」E-mail:honsya@marubun-saitokensetsu.co.jp
本社:〒400-0867 山梨県甲府市青沼2-11-22 TEL:055-233-9107 FAX:055-233-6382
東京支店:〒192-0073 東京都八王子市寺町69 TEL:042-624-2288 FAX:042-626-9068